PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

壬生へ参る 2

昨日の続き・・・



前川邸
前川邸へやって来ました。
現在、前川邸は田野製袋所という会社です。
邸宅内は住居として使用されていて、一般公開はされていませんが、
門と倉庫一部を公開し、新撰組グッズの販売をされています。

前川邸
前川家と南部家(現存しません)は屯所の申し入れがあった際
新撰組に邸宅の全てを明け渡し引っ越されたんです。
同居をしていたのは八木家のみです。

前川邸
前川邸といえば、小高俊太郎の拷問、
山南と明里の別れが有名です。
拷問部屋は今も残っているそうですが、山南と明里の話はフィクションという説があります。


そして、壬生に来たなら立ち寄って欲しいと思うのがここです。
光縁寺
光縁寺。
当時の住職と山南敬介が家紋が同じという縁から親交が生まれ
亡くなった隊士の殆どがここで弔われ埋葬されています。

光縁寺

光縁寺

光縁寺

光縁寺

光縁寺

光縁寺

光縁寺

光縁寺

光縁寺
(光縁寺パンフレットより)

ここで弔われてから分骨されてまつられている隊士もあります。
伊東甲子太郎・藤堂平介はここで弔われた後、泉涌寺塔頭・戒光寺にまつられています。

ここにある「沖田氏縁者」と戒名のみが記された墓石が謎なんです。
沖田総司の内縁の妻説が濃厚なようですが、
もう一人の沖田姓、沖田承之進の縁者では?という説も…。
真相は定かにはなりそうも無いですね。

光縁寺さんでは、ご住職が丁寧に解説をしてくださいます。
又、法事などで本堂が使用中で無ければ、本堂内に納められている位牌などを見ることも。
新撰組ゆかり…といえば壬生寺を思い浮かべる方が多いと思いますが
光縁寺とのつながりの方が濃いように感じます。
新撰組を演じられた多くの役者さんが、演じる前にここをお参りされているそうです。
(香取慎吾君は来なかったって、ご住職が嘆いておられました)

帰りには、ご住職から「おじぎ草」の苗を頂いちゃいました。
話す口調は少々ぶっきらぼうですが、草木の大好きな優しいご住職です。
犬ブログ村シベリアンハスキー
ペットリンクス
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

| おでかけ | 14:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

☆コメントありがとうございます☆

こんばんは。
河合耆三郎は米問屋の息子だったんですよね。
お金があったからお墓もご立派なのです。
前川邸の山南さんと明里さんのエピソードは子母沢寛氏の創作の線が濃いみたいですよ。
何の文献にも記録が無いそうです。
だけど、色恋エピソードをいちいち記録にとどめているとも思えませんし、真意は謎ですね。
光縁寺さんは、祈祷料として100円納めるだけで、ご住職の説明付きでお参りできます。
そのお金で墓石の修復にまでは至らないそうですよ。
壬生寺は奉納金で墓石の修復もなさってます。
沖田氏縁者はやっぱり内縁の妻説が良いですよねー。
未亡人との間に女の子をもうけてるんですよね。
どこかで沖田総司の血は脈々と受け継がれているのかも。
慎吾君どころか三谷幸喜も…あの時の大河の人達は誰も来なかったらしいです。
せめて山南さん役の方にはお参りして欲しいですよね。

| saburei | 2009/06/22 20:22 | URL | ≫ EDIT

待ってました♪

こんばんわん。
↓そうそう、河合さんはご実家がお金持ちの商家だったんですよね。
遺族の方の無念さがよく現れている、立派なお墓だな~と思いまして(汗)

楽しみにしておりましたよ、続き!
あら、前川邸での山南さん・明里さんの、格子越しの別れはフィクションの可能性も有るのか~!
すんごいドラマチックなのにねぇ。
光縁寺の方が、新選組とのつながりが深い感じがしますね。
山南さんのお墓が痛々しい…(U_U;)
それに、やっぱり気になるのが沖田氏縁者さん。
この戒名が、沖田総司さんと対称になっているのでは?という事で、内縁の妻説が有力のようですけどね。
その方が、やっぱりロマンチックだなぁ~(笑)

慎吾くん、お参りしなかったのか…忙しかったのかな。残念ですね。
それにしても、ファンの方がたくさんお参りするだろうに、丁寧にご説明してくださるご住職、お優しい!

| リュウ使い・マネ | 2009/06/21 22:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sabureidream.blog109.fc2.com/tb.php/722-306ef11d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT