PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

観光客気分で京都巡り ③

哲学の道をまだまだプラプラ下ります。
そして石燈篭の橋を渡ると・・・。

大豊神社


大豊神社
大豊神社の細長い参道へ続きます。

大豊神社
手を清めて本殿へ。

大豊神社
鬱蒼とした森の中の小さな神社です。

このお社、昨年末にTVで紹介されて
今年のお正月には境内から溢れるほどの参拝者が訪れたそうです。

大豊神社
その理由はこちら。

狛犬ならぬ、狛ねずみ。
大豊神社

大豊神社
本殿に向かって右横に配されている大黒社。
使者である、ねずみが鎮座しています。

大豊神社
本殿に向かって左には愛宕社と日吉社。

大豊神社
愛宕社の使者は鳶。

大豊神社
日吉社の使者は猿。

日吉社の使者である猿は御所にもいます。
厄除けとして木彫りの猿が祀られていますが
夜な夜な抜け出していたずらをするので
金網で封じられたという言い伝えがあります。
御所の北東、鬼門の猿、お近くの方は探してみては。

佐武
ボクはまだお休みなの。

今回の観光レポは明日でおしまい。

犬ブログ村シベリアンハスキー
ペットリンクス


スポンサーサイト

| おでかけ | 20:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

☆コメントありがとうございます☆

けんけんさん
こんばんは。
「鹿男あをによし」見てなかったんですよね。
あのドラマの影響で奈良公園を訪れる人も多くなったとか。
水遊び・・・今年こそ!勝手口の前ならできるかなぁ。

アレパパさん
こんばんは。
狛ねずみ、なかなかいいでしょう。
かわいい顔してるんですよ。
大豊神社は椿も有名なので、この狛ねずみの頭に椿の花がのってる写真が飾ってありました。

stiさん
こんばんは。
ゲームに?出てくるんですか?
いったいどんなゲームなんだろう・・・。
私達が訪れた時も母娘らしきお二方のみでした。
哲学の道、わんこもにゃんこも多いですよね。

リュウ使い・マネさん
こんばんは。
銀閣寺道にある交番のおまわりさんと少しお話したのですが
今年のお正月は大豊神社への道を尋ねる方がすごーく多かったそうです。
今はね、もう静かで閑散としてますよ。
12年後にまた人で溢れるのかもしれませんね。
御所の鬼門、猿が辻のお猿がいなかったら・・・怖いよ。

リクさん
こんばんは。
はいはーい、ちゃんと削除いたしました。
リクさんは毎週欠かさず見てたのですね。
私は見てなかったのです。
でも原作本は読んでみたいと思ってます。
御神水で水浴びか~全身清められて大人しくなればいいですけど・・・。

| saburei | 2008/05/28 20:55 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~リクです。
また・・・別名でコメント入れてしまった(TT)
本当、すみません。お手数ですが消してもらえますか?(涙)
ご迷惑かけましたm(__)m
そうなんですか^^あのドラマの??
我が家では欠かさず見てました♪
TVの影響って凄いですね~^^
佐武くんと麗ちゃんがいたら
手を清めるどころかバシャバシャやってしまうかな^^
体全体清められちゃうかな♪

| リク | 2008/05/28 16:05 | URL | ≫ EDIT

こんばんわん。
あぁ、ドラマの~。
カワイイねぇ(≧∀≦)
境内から溢れるほどの参拝者って、スゴイなぁ。
なんだか、せっかくの趣が…そう思うと、観光客が増えるのが嬉しいような、なんともフクザツな気分になりますね。
日吉さんの猿、ふと見た時居なかったらビックリだなぁ。

| リュウ使い・マネ | 2008/05/28 01:14 | URL | ≫ EDIT

なつかしい~!

こんばんは。
久しぶりに、アルバム見ちゃいましたよ!!
大豊神社の狛ねずみ、私の大好きな某ゲームに出てくるので、何度かお参りに行きました。
当時はポスターが張ってあったけど、今はどうなんでしょう?
私達が行った時はいつも他に人がいなかったような気がします。
溢れるほどの参拝者って凄いですよね。
哲学の道のにゃん子達にもまた会いたいです。

| sti | 2008/05/27 23:23 | URL | ≫ EDIT

なんだか趣のあるいい感じの神社ですねぇv-63
狛犬ならぬ狛ネズミかv-287
可愛いですね~

そろそろ佐武&麗ちゃんが見たくなりましたv-291

| アレパパ | 2008/05/27 22:03 | URL | ≫ EDIT

あをによし

こんばんは
ねずみの使い番ですね
ちょっと前にやってたドラマを
思いだしました

水浴び、道路でならいかがですか?

| けんけん | 2008/05/27 21:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sabureidream.blog109.fc2.com/tb.php/352-6f46c23d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT